×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「醜いマーメイド」
八百比丘尼の人魚伝説がある神社にやってきた元也と弘樹。
祟りがあると忠告する弘樹だが元也はお構いなしに、暴虐無人の限りを尽くす。
現れては消える謎の男、人魚の洞窟、封印の石……。
そして、伝説の八百比丘尼が蘇り二人の前に現れる!
「羅刹のデスマスク」
人喰い鬼の首を切り落とし、その骨から作られたと言われる能面があった。
それは呪いの面と呼ばれ、被ると取り憑かれて鬼になるという伝承が残っている。
女子高生、翠は友人からその呪いの面について聞かされるが、
作り話として真に受けない。
だが、伝説は本当だった。
かつて八百比丘尼に襲われた男、弘樹が呪いの面に取り憑かれてしまう。
弘樹の身体を借りて蘇った鬼が翠へと襲いかかる!